駅åŧ äŊ“äŊã€‚ 駅åŧã¨ã„うäŊ“äŊãŽãƒĄãƒĒットはīŧŸ

駅åŧã¨ã¯ (エキベãƒŗとは) [単čĒžč¨˜äē‹]

äŊ“äŊ 駅åŧ

駅åŧãŽäŊ“äŊã¯ã€į”ˇæ€§ãŒåĨŗæ€§ã‚’æŒãĄä¸Šã’ãĒければãĒりぞせん。 向かい合ãŖたįŠļ態で、į”ˇæ€§ãŒåĨŗ性ぎį‰‡č„šã‚’æŠąãˆã‚ã’ã€æŒŋå…Ĩしぞす。

駅åŧã¨ã¯ (エキベãƒŗとは) [単čĒžč¨˜äē‹]

äŊ“äŊ 駅åŧ

おäē’いぎ感じãĻã„ã‚‹éĄ”ã‚’é–“čŋ‘でčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽã¯æĄˆå¤–新鎎ãĒäŊ“験ではãĒいでしょうか。

19

駅åŧã¨ã„うäŊ“äŊãŽãƒĄãƒĒットはīŧŸ

äŊ“äŊ 駅åŧ

いよいよčĒŋずãĒきゃいけãĒい時期がæĨたんだ。

駅åŧã¨ã„うäŊ“äŊãŽãƒĄãƒĒットはīŧŸ

äŊ“äŊ 駅åŧ

ぎæĻ‚čĻ ぎ大厅åŖŽä¸€ãŒã€å„ãĢ新åˆļãŽãŒč¨­įĢ‹ã•ã‚Œã‚‹ã“とãĢ寞し、「ぎæ­ĸぞるãĢ駅åŧæœ‰ã‚Šã€é§…åŧã‚るところãĢ新åˆļあり」としたことが始ぞりとされãĻいる。 ぞずåĨŗ性をうつãļせãĢ寝かせぞす。 č…°ã‚’å‹•ã‹ã™ãŽã§ã¯ãĒく、åĨŗ性を上下ãĢæēするようãĢしãĻč†Ŗ内ãĢåˆēæŋ€ã‚’与えぞしょう。

11

æ–°åššįˇšã§é§…åŧéŖŸãšãĻたら「駅åŧã€ã¨ã„うäŊ“äŊãŽį”ąæĨが気ãĢãĒãŖたぎでãƒģãƒģ

äŊ“äŊ 駅åŧ

でもåŊŧåĨŗ、äģŠã¯ã‚‚うįĩåŠšã—ãĻåĻģãĒんですけお、すごくキãƒĸチよかãŖたãŖãĻいうんでいろいろčĒŋずãĻ、最čŋ‘だと駅åŧã§ã‚„るぎが一į•Ē多いんじゃãĒいかãĒ。

15

駅åŧãŽäŊ“äŊãŽã‚„ã‚Šæ–šãƒģãƒĄãƒĒãƒƒãƒˆã‚„ãƒ‡ãƒĄãƒĒットãƒģテクニック

äŊ“äŊ 駅åŧ

これぞでは5åš´ãĢでį™ēåŖ˛ã•ã‚ŒãŸãŒå§‹ã‚ãĻぎ駅åŧã¨ã•ã‚Œã€åŽŸéš›ãĢ初めãĻ駅åŧãŒåŒã§č˛ŠåŖ˛ã•ã‚ŒãŸã‚’『』と厚めãĻいた。 騎乗äŊã‚‚同じようãĢåĨŗ性ぎäŊ“é‡ã§æˇąãæŒŋå…ĨできるäŊ“äŊã§ã™ãŒã€é§…åŧãŽæ–šãŒčļŗでčēĢäŊ“を支えãĻいãĒい分、さらãĢæˇąã„ã¨ã“ã‚ãžã§åąŠãã‚„ã™ããĒã‚‹ã¨č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ そこからį”ˇæ€§ãŒåĨŗæ€§ãŽč„šãŽä¸‹ãĢ手をå…Ĩã‚Œã€æŠąãã‹ã‹ãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĢしãĻįĢ‹ãĄä¸ŠãŒã‚‹ã‚„り斚です。